*---- 
介護百人一首 --------------------------目次 * 前ページ  * 次ペー--*
 

 






(注釈)
手すりにつかまって立って頂く事を介助する際は、前に立って介助してしまうと、手すりが持ちにくかったり、ご本人の力がうまく使えないので、介助者は後ろに周り、手すりをつかんで、前かがみになって頂いた時に浮いた腰〜お尻を必要であれば支える程度にする事でご本人の力を最大限に活かしましょう。










 


********************************************

目次
 * 前ページ  * 次ページ